美白ナビ TOP → 美白の基礎知識 しみの原因と対処法

しみの原因と対処法

しみの原因は多くの場合紫外線があげられます。そもそも紫外線を浴びる事で何が起きてしまうのでしょうか?原因のポイントはメラニン色素です。しみは、メラニン色素が必要以上に作られ続けることが原因で肌の一部が黒く変色してしまう現象です。

紫外線のダメージ信号を受けると、私達の肌は、メラニン色素を生成しダメージを受け止めようとします。意外なことですが、メラニン色素は、皮膚を守るために現れます。メラニン色素が存在しなければ、紫外線のダメージは表面で吸収されず、肌の奥深くの真皮層にまで入り込み、肌を作り出すメカニズムを傷つけてしまいます。メラニン色素への対策は、日傘・日焼け止めを徹底や、食生活・基礎化粧品の見直しが有効的です。

メラニン色素を作っているのはメラノサイトと言う細胞です。この細胞が、いつまでも活発にしていると肌の変色が収まりません。メラノサイトの活動が沈静化しない原因のひとつに、肌細胞の劣化があります。

肌細胞の劣化状態とは肌のメカニズムそのものにダメージを受け、いつまでたっても質のいい(外的刺激に耐える)皮膚が出来上がらないため、メラノサイトが休めず、メラノサイトそのものに異常が発生し、コントロールできなくなることです。メラノサイトを沈静化させるためには、肌細胞の質を向上させる必要があります。それには、「紫外線を受けない」「必要な栄養素を補う」「睡眠をとる」「基礎化粧品を見直す」ことを心がける必要があります。

美白の基礎知識